古語:

胡蝶の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

「胡蝶」を解説文に含む見出し語の検索結果(1~10/58件中)

名詞①(昆虫の)ちょう。[季語] 春。②「胡蝶楽(らく)」の略。
名詞①(昆虫の)ちょう。[季語] 春。②「胡蝶楽(らく)」の略。
副詞とても。非常に。出典源氏物語 胡蝶「われにもあらぬさまして、いといと憂うしとおぼいたれば」[訳] 茫然自失のようすで、とてもつらいとお思いになられているので。◆「いと」を重ねて「いと」の意をさらに...
形容詞シク活用活用{(しく)・しから/しく・しかり/し/しき・しかる/しけれ/しかれ}気になる。心苦しい。気がとがめる。出典源氏物語 胡蝶「かう何やかやと聞こゆるをも、おぼすところやあらむとややましき...
他動詞ハ行下二段活用活用{へ/へ/ふ/ふる/ふれ/へよ}思い違いをする。出典源氏物語 胡蝶「あやしう、ただそれかとおもひまがへらるる折々こそあれ」[訳] 不思議にも、まるであの人(=夕顔)かと思わず思...
他動詞ハ行下二段活用活用{へ/へ/ふ/ふる/ふれ/へよ}思い違いをする。出典源氏物語 胡蝶「あやしう、ただそれかとおもひまがへらるる折々こそあれ」[訳] 不思議にも、まるであの人(=夕顔)かと思わず思...
自動詞カ行四段活用活用{か/き/く/く/け/け}才気走る。才気があるように見える。出典源氏物語 胡蝶「これはかどめいたるところぞ添ひたる」[訳] この人(=玉鬘(たまかずら))は才気走ったところが付け...
自動詞カ行四段活用活用{か/き/く/く/け/け}才気走る。才気があるように見える。出典源氏物語 胡蝶「これはかどめいたるところぞ添ひたる」[訳] この人(=玉鬘(たまかずら))は才気走ったところが付け...
名詞舞楽の曲名。四人の子供が、背中に蝶(ちよう)の羽の形をした衣装をつけて、冠に山吹の花をさし、手にも山吹の枝を持って舞う。「胡蝶」とも。
名詞舞楽の曲名。四人の子供が、背中に蝶(ちよう)の羽の形をした衣装をつけて、冠に山吹の花をさし、手にも山吹の枝を持って舞う。「胡蝶」とも。
< 前の結果 | 次の結果 >



   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

法人向けの高品質な翻訳サービス


©2020 Weblio RSS