古語:

陽の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

「陽」を解説文に含む見出し語の検索結果(1~10/56件中)

名詞「」の気。万物が生まれ、活動しようとする気運。
名詞「」の気。万物が生まれ、活動しようとする気運。
名詞「十干(じつかん)」の第五。◆「土の兄(え)」で土性のの意。
名詞「十干(じつかん)」の第五。◆「土の兄(え)」で土性のの意。
名詞①天と地。と陰。②天地の間。人の住む所。③戌亥(いぬい)と未申(ひつじさる)。北西と南西。
名詞①天と地。と陰。②天地の間。人の住む所。③戌亥(いぬい)と未申(ひつじさる)。北西と南西。
名詞平安京の内裏(だいり)の外郭にある門の一つ。東側の中央にあり、内郭門の宣(せんよう)門に対する。
名詞平安京の内裏(だいり)の外郭にある門の一つ。東側の中央にあり、内郭門の宣(せんよう)門に対する。
名詞たましい。霊魂。参考肉体をつかさどる陰のたましいの「魄(はく)」に対し、精神をつかさどるのたましいをいう。
名詞たましい。霊魂。参考肉体をつかさどる陰のたましいの「魄(はく)」に対し、精神をつかさどるのたましいをいう。
< 前の結果 | 次の結果 >


   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

法人向けの高品質な翻訳サービス


©2019 Weblio RSS