古語:

供養の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

く-やう 【供養】

[一]名詞※「す」が付いて他動詞(サ行変格活用)になる

「三宝(さんぼう)」に対して施しを行うこと。物を供えること、堂塔を建立すること、読経をすることなど。


(死者の霊のために)法会(ほうえ)を営むこと。


出典枕草子 故殿の御ために


「故殿(こどの)の御ために、月ごとの十日、経・仏などくやうぜさせ給(たま)ひしを」


[訳] なき殿(=関白道隆)の御ために、毎月十日、写経をし、仏像仏画を作らせるなどして(中宮は)法会を営みなられたが。◆仏教語。


[二]名詞

僧が布施(ふせ)を受けた飲食物。◆仏教語。



くよう 【供養】

⇒くやう









供養のページへのリンク
「供養」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

供養のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




供養のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS