古語:

分限の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ぶ-げん 【分限】

名詞

身の程。分際。身分。


出典吾妻問答 


「ぶげんをはかりて正しく案じ、のぼり給(たま)ふべく候ふなり」


[訳] 身の程を考えあわせて正しく工夫して、(上手の位に)のぼりなさるのがよろしいでしょう。


財力のあること。金持ち。富豪。


出典日本永代蔵 浮世・西鶴


「今までは借家(しやくや)に居てのぶげんと言はれしに」


[訳] 今までは借家にいての金持ちと言われたが。◆「ぶんげん」の変化した語。



ぶん-げん 【分限】

名詞

能力。特に、経済的な能力。資力。


出典平家物語 八・太宰府落


「ここに内裏(だいり)造るべきよし沙汰(さた)ありしかども、ぶんげんなかりければ造られず」


[訳] ここ(=柳が浦)に内裏を造るようにとの仰せがあったけれども、資力がなかったので造ることができない。


身の程。分際。身分。


出典太平記 三五


「三、四番目の末子(ぱつし)のぶんげん程」


[訳] (泰時(やすとき)は)三、四番目のすえっ子の身分で。


財力のあること。金持ち。財産家。分限者(ぶんげんしや)・(ぶげんしや)。


出典日本永代蔵 浮世・西鶴


「銀五百貫目よりして、これをぶんげんといへり」


[訳] 銀五百貫目より以上で、これを金持ちといった。◆「ぶげん」とも。








分限のページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

分限のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




分限のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS