古語:

切なしの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

せつ-な・し 【切なし】

形容詞ク活用

活用{(く)・から/く・かり/し/き・かる/けれ/かれ}


心にかけて深く思っている。


出典清重 幸若


「義経(よしつね)に心ざしのせつなき人も有るらん」


[訳] 義経のことを心にかけて深く思っている人もあるだろう。


困る。つらい。やりきれない。


出典好色五人女 浮世・西鶴


「吉三良せつなく、…といへば」


[訳] 吉三良は困り、…と言えば。◆「なし」は接尾語。









切なしのページへのリンク
「切なし」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

切なしのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




切なしのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS