古語:

辛しの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

から・し 【辛し】

形容詞ク活用

活用{(く)・から/く・かり/し/き・かる/けれ/かれ}


塩辛い。


出典万葉集 三八八六


「難波(なには)の小江(をえ)の初垂(はつたり)をからく垂り来て」


[訳] 難波の小江でできた最初の塩汁を塩辛くしたたらせて。


つらい。切ない。苦しい。


出典大鏡 道長下


「衣(きぬ)被(かづ)けられたりしも、からくなりにき」


[訳] 衣を褒美に与えられたのも、かえってつらくなった。


むごい。残酷だ。ひどい。


出典徒然草 六九


「恨(うら)めしく我をば煮て、からき目を見するものかな」


[訳] 恨めしくも私を煮て、ひどい目にあわせることだなあ。


いやだ。気にそまない。


出典堤中納言 虫めづる姫君


「からしや。眉(まゆ)はしも、かはむしだちためり」


[訳] いやだなあ。眉は毛虫みたいに見える。


あやうい。あぶない。▽「からき命」の形で、命拾いしたときに用いる。


出典徒然草 五三


「からき命まうけて、久しく病みゐたりけり」


[訳] あやうい命を助かって、長い間病気で苦しんでいた。


はなはだしい。ひどい。


出典大鏡 道長下


「けしうはあらぬ歌詠みなれど、からう劣りにしことぞかし」


[訳] そう悪くもない歌人だが、ひどく見劣りがしたものだ。◇「からう」はウ音便。


注意

現代語「からい」と異なり、味覚のほかに心情も表す。



つら・し 【辛し】

形容詞ク活用

活用{(く)・から/く・かり/し/き・かる/けれ/かれ}


薄情だ。冷淡だ。つれない。


出典土佐日記 二・一六


「いとはつらく見ゆれど、志はせむとす」


[訳] (留守番の人は)とても薄情にみえるけれど、お礼の贈り物はしようと思う。


たえがたい。苦痛だ。つらい。


出典源氏物語 桐壺


「命長さのいとつらう思ひ給(たま)へ知らるるに」


[訳] 命を長らえていることが、とてもたえがたく思われますのにつけても。◇「つらう」はウ音便。









辛しのページへのリンク
「辛し」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

辛しのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




辛しのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS