古語:

千千分くにの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > 千千分くにの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ちちわく-に 【千千分くに】

副詞

あれこれと。さまざまに。


出典拾遺集 雑上


「ちちわくに人はいふとも織りて着む我(わ)が機物(はたもの)に白き麻衣(あさぎぬ)」


[訳] あれこれと人が言っても織って着よう。私の機で織った白い麻の衣を。


参考

『万葉集』七・一二九八の歌の「かにかくに」の原文「干各」を「千分」と読み誤った語という。








千千分くにのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

千千分くにのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




千千分くにのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS