古語:

如何なれやの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > 如何なれやの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

いかなれ-や 【如何なれや】

分類連語


どうしてか。なぜなのか。▽原因・理由についての疑問を表す。


出典落窪物語 一


「いかなれや昔思ひしほどよりは今の間(ま)思ふことのまさるは」


[訳] なぜなのか、以前あなたと逢(あ)う前に恋いしく思ったのよりは、逢った後の今この時のほうが恋い焦がれる気持ちが一層強いのですよ。


どのようであるか。▽状態についての疑問を表す。


出典新古今集 哀傷


「神無月(かみなづき)しぐるるころもいかなれや」


[訳] 十月、時雨(しぐれ)が降るころの衣はどのようであろうか。


なりたち

形容動詞「いかなり」の已然形+係助詞「や」








如何なれやのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

如何なれやのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




如何なれやのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS