古語:

焼くの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

や・く 【焼く】

[一]他動詞カ行四段活用

活用{か/き/く/く/け/け}


燃やす。焼く。


出典伊勢物語 一二


「武蔵野(むさしの)は今日(けふ)はなやきそ」


[訳] 武蔵野を今日は焼かないでくれ。


熱する。加熱する。


出典万葉集 九三八


「浜を良(よ)み諾(うべ)も塩やく」


[訳] 浜が良いのでなるほど塩を焼く(=熱して製塩する)。


悩ます。思い焦がれさせる。


出典万葉集 三二七一


「わが心やくも我なり愛(は)しきやし君に恋ふるもわが心から」


[訳] 私の心を悩ますのも私自身である。いとしいあなたに恋をしているのも私の心からなのだから。


[二]自動詞カ行下二段活用

活用{け/け/く/くる/くれ/けよ}


燃える。焼ける。


出典方丈記 


「そのたび、公卿(くぎやう)の家十六やけたり」


[訳] その(安元の大火の)とき、公卿の家が十六軒燃えた。


熱せられる。熱くなる。


出典平家物語 六・入道死去


「石や鉄(くろがね)なんどのやけたるやうに」


[訳] 石や鉄などが熱せられているように。


思い乱れる。思い焦がれる。


出典万葉集 五


「海処女(あまをとめ)らが焼く塩の思ひそやくるわが下ごころ」


[訳] 年若い海女(あま)たちが焼く塩のように、恋に思い焦がれる私の心の底よ。









焼くのページへのリンク
「焼く」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

焼くのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




焼くのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS