古語:

犯すの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

おかす 【犯す・侵す】

⇒をかす



をか・す 【犯す・侵す】

他動詞サ行四段活用

活用{さ/し/す/す/せ/せ}


法律・道徳などを破る。悪事を行う。


出典源氏物語 須磨


「八百万(やほよろづ)神もあはれと思ふらむをかせる罪のそれとなければ」


[訳] 多くの神々も(私を)あわれと思うだろう、犯した罪がこれといってないのだから。


(心や体を)害する。損なう。女性に乱暴する。


出典徒然草 一二三


「病にをかされぬれば、その愁(うれ)へ忍びがたし」


[訳] 病気で(体が)損なわれてしまうと、その苦しみは耐えがたい。


(他の領分を)不当に奪う。侵略する。


出典大和物語 一四七


「異国(ことくに)の人の、いかでかこの国の土をばをかすべき」


[訳] 他国の人が、どうしてこの国の土地を不当に奪ってよいものか、いや、よくない。









犯すのページへのリンク
「犯す」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

犯すのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




犯すのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS