古語:

端なげなりの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > 端なげなりの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

はしたな-げ・なり 【端なげなり】

形容動詞ナリ活用

活用{なら/なり・に/なり/なる/なれ/なれ}


中途半端できまりが悪いようすである。


出典源氏物語 総角


「さぶらふ人々も、かたほにすこし飽かぬところあるははしたなげなり」


[訳] お仕えする女房たちも、器量がよくなく多少とも十分でないところがある人はきまりの悪いようすである。








端なげなりのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

端なげなりのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




端なげなりのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS