古語:

端午の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

たん-ご 【端午】

名詞

五節句の一つ。陰暦五月五日の節句。上巳(じようし)(=陰暦三月三日)が女子の節句とされたのに対し、男子のものとされた。邪気を払うために、菖蒲(しようぶ)・蓬(よもぎ)を軒にさし、粽(ちまき)や柏餠(かしわもち)を食べる。江戸時代以降、男の子のいる家では鯉幟(こいのぼり)を立て、甲冑(かつちゆう)・刀・武者人形などを飾る。あやめの節句。重五(ちようご)。[季語] 夏。









端午のページへのリンク
「端午」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

端午のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




端午のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS