古語:

続松の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

つい-まつ 【続松】

名詞

たいまつ。


出典伊勢物語 六九


「その杯の皿に、ついまつの炭して歌の末を書き継ぐ」


[訳] その杯の皿に、たいまつの炭で歌の下の句を書き継ぐ。


歌がるた。歌貝。


参考

(1)松を続けて燃やす意の「つ(継)ぎまつ(松)」のイ音便。(2)は、の用例の『伊勢(いせ)物語』六十九段に見える、斎宮が杯の皿に上の句を書いて差し出したのに対して、業平(なりひら)が続松の炭で下の句を書き継いだという故事により、上・下の句が分かれる歌がるたや歌貝をいう。









続松のページへのリンク
「続松」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

続松のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




続松のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS