古語:

能の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

のう 【能】

名詞

才能。能力。


出典平治物語 上


「のうもなく芸もなく、ただ朝恩(てうおん)にのみほこり」


[訳] 才能も芸もなく、ただ朝廷のご恩だけを自慢とし。


技芸。芸能。


出典徒然草 一八八


「法師の無下(むげ)にのうなきは」


[訳] 法師がまったく技芸のないのは。


中世の芸能の一つ。「田楽(でんがく)」と「猿楽(さるがく)」。


室町時代に確立された歌舞劇の一種。⇒能


分類文芸



分類文芸


謡(うたい)(=詞章)・囃子(はやし)・舞を総合した、幽玄な仮面楽劇。簡素な舞台(能舞台)を使って、シテ(=主役)・ワキ(=脇役(わきやく))・ツレ(=助演者)が、笛・小鼓(こつづみ)・大鼓(おおつづみ)・太鼓の囃子と地謡(じうたい)とに合わせて舞ったり、自ら謡って所作したりするもの。その詞章は「謡曲(ようきよく)」といわれる。









能のページへのリンク
「能」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

能のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




能のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS