古語:

あふことのの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > あふことのの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

あふことの…

分類和歌


出典百人一首 


「逢ふことの絶えてしなくはなかなかに人をも身をも恨みざらまし」


出典拾遺集 恋一・藤原朝忠(ふぢはらのあさただ)


[訳] もし、逢って契(ちぎ)りを結ぶということが全くなければ、かえって、あなたのことも私自身のことも恨んだりはしないだろうに。


鑑賞

「まし」は反実仮想の助動詞。逢ったが故(ゆえ)の恋の苦しさを、逆説的に相手に強く訴(うつた)えた。









あふことののページへのリンク
「あふことの」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

あふことののお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




あふことののページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS