古語:

あふのけにの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > あふのけにの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

あふのけに…

分類俳句


「仰のけに落ちて鳴きけり秋のせみ」


出典八番日記 俳文・一茶(いつさ)


[訳] 夏の間は盛んに鳴いていたせみも、秋になってすっかり弱り、木にとまる力もなく落ちて、地面に仰むけになってもがき鳴いていることだ。


鑑賞

地上に落ちたせみが、必死に起きあがろうとして、短くジジジと鳴き声を発しているようす。季語は「秋のせみ」で、季は秋。








あふのけにのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

あふのけにのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




あふのけにのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS