古語:

あへしらふの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > あへしらふの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

あへ-しら・ふ

他動詞ハ行四段活用

活用{は/ひ/ふ/ふ/へ/へ}


受け答えする。応対する。もてなす。交際する。


出典源氏物語 桐壺


「もののつつましきほどにてともかくもえあへしらひ聞こえ給(たま)はず」


[訳] (源氏は)何かと恥ずかしい年ごろなので、なんともご返事申し上げなさることができない。


適当に取り合わせる。


出典蜻蛉日記 上


「切り大根(おほね)、物の汁してあへしらひて」


[訳] 切り干し大根を、何かの汁で取り合わせて。◆「あひしらふ」とも。


参考

「あしらふ」の古形で、現代語「あしらう」に続く。ただし、現代語「あしらう」は、人に対する場合、古語の「あしらふ」などより意味が限定されて、相手よりも優位に立って応対する意に使われる。









あへしらふのページへのリンク
「あへしらふ」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

あへしらふのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




あへしらふのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS