古語:

あべしの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

あ-・べし

分類連語


あるだろう。あるはずだ。あるにちがいない。


出典蜻蛉日記 下


「そのころ院の賭弓(のりゆみ)あべし」


[訳] そのころ院の賭弓があるはずだ。


出典源氏物語 行幸


「いとこまかに、あべきことども教へ聞こえ給(たま)へば」


[訳] 実にこまごまと(内大臣との対面に)必要なことをお教え申し上げなさるので。


出典源氏物語 胡蝶


「さもあべいことなれば」


[訳] それももっともなことですから。◇「あべい」はイ音便。


参考

平安時代、主として会話文に使われた。


なりたち

ラ変動詞「あり」の連体形+推量の助動詞「べし」からなる「あるべし」の撥(はつ)音便「あんべし」の「ん」が表記されない形。








あべしのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

あべしのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




あべしのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS