古語:

あまつかぜの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > あまつかぜの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

あまつかぜ…

分類和歌


出典百人一首 


「天(あま)つ風(かぜ)雲の通ひ路吹き閉ぢよ乙女(をとめ)の姿しばしとどめむ」


出典古今集 雑上・遍昭(へんぜう)


[訳] 空を吹く風よ、雲の中の通路を吹き寄せて閉ざしてしまえ。(帰り道を閉ざして、)美しく舞う天女の姿をしばらくここにとどめておこう。


鑑賞

作者が「五節(ごせち)の舞姫(まいひめ)」を天女に見立てて詠(よ)んだ歌。



あま-つ-かぜ 【天つ風】

名詞

空を吹く風。


出典古今集 雑上


「あまつかぜ雲の通ひ路吹き閉ぢよ」


[訳] ⇒あまつかぜ…。









あまつかぜのページへのリンク
「あまつかぜ」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

あまつかぜのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




あまつかぜのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS