古語:

あまのはらの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > あまのはらの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

あまのはら…

分類和歌


出典百人一首 


「天(あま)の原(はら)振りさけ見れば春日(かすが)なる三笠(みかさ)の山に出(い)でし月かも」


出典古今集 羇旅・阿倍仲麻呂(あべのなかまろ)


[訳] 大空をはるか遠く仰いで見ると月が出ているが、あの月はかつて、故郷の春日にある三笠山に出た月だなあ。


鑑賞

遣唐使で唐に渡ったまま帰れなかった仲麻呂が、故郷をしのんで詠(よ)んだ歌。「出でし月かも」の「かも」は、詠嘆の終助詞とする説のほかに、疑問の係助詞「か」+感動の終助詞「も」で、感動を含む疑問の終助詞(…かなあ)とする説もある。



あま-の-はら 【天の原】

名詞

「天つ神」の住む天上界。高天原(たかまのはら)。


広々とした大空。


出典古今集 羇旅


「あまのはら振りさけ見れば」


[訳] ⇒あまのはら…。



あま-の-はら 【天の原】

分類枕詞


大空にそびえる意から、「富士」にかかる。「あまのはら富士」









あまのはらのページへのリンク
「あまのはら」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

あまのはらのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




あまのはらのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS