古語:

あふこともの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > あふこともの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

あふことも…

分類和歌


「逢ふことも涙に浮かぶわが身には死なぬ薬も何にかはせむ」


出典竹取物語 ふじの山


[訳] もうかぐや姫に会うこともないので、こぼす涙に自分の身が浮かぶほど悲しい私には、不死の薬も何になるだろうか、何の役にも立ちはしない。


鑑賞

かぐや姫が月に帰るとき、帝(みかど)に手紙と不死の妙薬を贈った。帝は二度と姫に会えない悲しみにくれてこの歌を詠んだという。そして、天に最も近い富士の山で、姫からの手紙と薬を燃やすように命じた。その煙が、いまだに雲の中に立ちのぼっているのだと物語は言い伝えている。「涙」に「(逢ふことも)無み」がかけられている。「かは」は反語表現の係助詞。









あふことものページへのリンク
「あふことも」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

あふことものお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




あふことものページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS