古語:

あふみのうみの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > あふみのうみの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

あふみのうみ…

分類和歌


「淡海の海夕波千鳥汝(な)が鳴けば心もしのに古(いにし)へ思(おも)ほゆ」


出典万葉集 二六六・柿本人麻呂(かきのもとのひとまろ)


[訳] 琵琶(びわ)湖の夕波を飛ぶ千鳥よ、おまえが鳴くと、心もしおれるように、しみじみと昔のことが思われる。


鑑賞

「古へ」は近江(おうみ)に天智(てんじ)天皇の都があった近江朝時代をさす。夕方という時刻と、悲しげに鳴く千鳥とに誘われて懐旧の思いはいっそう痛切なものとなっている。「夕波千鳥」は作者の造語といわれる。









あふみのうみのページへのリンク
「あふみのうみ」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

あふみのうみのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




あふみのうみのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS