古語:

汝の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

いまし 【汝】

代名詞

あなた。▽対称の人称代名詞。親しんでいう語。


出典万葉集 三三五九


「いましを頼み母に違(たが)ひぬ」


[訳] あなたを頼みにして母と仲たがいをしてしまった。◆上代語。



なれ 【汝】

代名詞

おまえ。▽対称の人称代名詞。親しい者、目下の者、動物などに用いる。


出典万葉集 一四九九


「ほととぎすなれだに来(き)鳴け」


[訳] ほととぎすよ。せめておまえだけでも来て鳴けよ。



な 【汝】

代名詞

そなた。おまえ。▽対称の人称代名詞。目下の者や親しい者に対して用いる。


出典万葉集 二六六


「淡海(あふみ)の海夕波千鳥なが鳴けば」


[訳] ⇒あふみのうみ…。



なんじ 【汝】

⇒なんぢ



み-まし 【汝】

代名詞

あなたさま。あなた。▽対称の人称代名詞。「汝(なむぢ)」の尊敬語。


出典続日本紀 神亀一


「みましの父とます天皇(すめらみこと)の」


[訳] あなたさまの父でいらっしゃいます天皇の。◆上代語。


参考

「御座(みまし)」の意で、「いまし」「まし」より敬意が高いともいわれるが、臣下や子弟に対しても親愛の気持ちをこめて用いられている。



まし 【汝】

代名詞

おまえ。▽対称の人称代名詞。同等以下の者に使う。


出典大鏡 道長下


「げにいとよき所なめり。ましが堂建てよ」


[訳] なるほど(寺を建てるのに)非常によい場所であるようだ。おまえが堂を建てよ。



なんぢ 【汝】

代名詞

「なむぢ」に同じ。


出典野ざらし 俳文・芭蕉


「いかにぞや、なんぢ父に憎まれたるか、母にうとまれたるか」


[訳] どうしたことか、おまえは父親に憎まれたのか、母親にうとんじられたのか。



なむぢ 【汝】

代名詞

おまえ。そなた。▽対称の人称代名詞。▽多く男性が同等または目下の者に対して用いる。


出典竹取物語 御門の求婚


「なむぢが持ちて侍(はべ)るかぐや姫奉れ」


[訳] おまえが持っておるかぐや姫を献上せよ。


参考

古くは「なむち」で、「な」は代名詞、「むち」は尊い者の意を表す語。「なんぢ」と表記されることが多い。本来は語の構成が示すように、尊敬の意を含む語。中古になると敬意を失って、同等または目下の者に対する代名詞となり、中世以降はもっぱら目下の者に対する代名詞となった。









汝のページへのリンク
「汝」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

汝のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




汝のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS