古語:

汚しの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

きたな・し 【汚し】

形容詞ク活用

活用{(く)・から/く・かり/し/き・かる/けれ/かれ}


よごれている。けがれている。


出典竹取物語 かぐや姫の昇天


「きたなき所に、いかでか久しくおはせむ」


[訳] (このような)けがれたところ(=この世)に、どうして長い間いらっしゃることがあろうか、いや、ない。


見苦しい。


出典堤中納言 虫めづる姫君


「歯黒め、『さらにうるさし、きたなし』とて、つけ給(たま)はず」


[訳] お歯黒は、「いっそうわずらわしい、見苦しい」と言って、おつけにならない。


腹黒い。正しくない。


出典後撰集 恋五


「人はかる心の隈(くま)はきたなくて」


[訳] 人をだます心の奥は腹黒くて。


卑劣だ。ひきょうだ。


出典平家物語 九・一二之懸


「きたない殿ばらの振る舞ひやうかな」


[訳] ひきょうな殿方のやり方だなあ。◇「きたない」はイ音便。









汚しのページへのリンク
「汚し」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

汚しのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




汚しのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS