古語:

五濁の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ご-ぢょく 【五濁】

名詞

末法の世に現れて人の心身を損なう、五つの汚(けが)れ。劫濁(こうじよく)(=天災・流行病が起こること)・見濁(=人間が悪い見解を起こすこと)・命濁(みようじよく)(=人間が短命になること)・煩悩濁(ぼんのうじよく)(=煩悩が盛んになること)・衆生濁(しゆじようじよく)(=人間の資質が低下し悪事に走ること)。「いつつのにごり」とも。◆仏教語。









五濁のページへのリンク
「五濁」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

五濁のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




五濁のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS