古語:

しゃるの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

しゃる

助動詞特殊型

《接続》四段・ナ変動詞の未然形に付く。


活用{しゃら・しゃれ/しゃり・しゃっ・しゃれ/しゃる/しゃる/しゃれ・しゃるれ/しゃれ・しゃい・しゃれい}


〔軽い尊敬〕…なさる。…(ら)れる。


出典好色一代男 浮世・西鶴


「小麦をやれといはしゃったによって」


[訳] 小麦をやれといいなさったので。◆近世語。


参考

尊敬の助動詞「す」の未然形に尊敬の助動詞「らる」の付いた「せらる」の変化した語。活用は本来は下二段型活用で、後に四段型活用が加わり、複雑な活用になった。









しゃるのページへのリンク
「しゃる」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

しゃるのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




しゃるのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS