古語:

やれの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

やれ

感動詞

これ。やあ。いや。▽呼びかけたり、注意を引いたり、ふと気づいたり、思いがけないことのあったりしたときなどに発する語。


出典八番日記 俳文


「やれ打つな蠅(はへ)が手をすり足をする―一茶」


[訳] ⇒やれうつな…。



やれ

副助詞

《接続》種々の語に付く。


〔不確か〕…か。…だろうか。


出典釣狐 狂言


「往(い)のうやれ戻らうやれ」


[訳] 帰ろうか、戻ろうか。


〔類似した事柄の列挙〕…だとか…だとか。…やら…やら。…だの…だの。


出典醒睡笑 咄本


「和泉(いづみ)の国には何ともをかしき名字がある。野尻(のじり)のやれ、草部のやれ」


[訳] 和泉の国にはまったくおもしろい名字がある。野尻だとか、草部だとか。◆副助詞「やら」の変化した語。近世語。









やれのページへのリンク
「やれ」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

やれのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




やれのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS