古語:

下燃えの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

した-もえ 【下燃え】

名詞

燃えあがらず、下でくすぶること。歌などでは、心の中で人知れず思いこがれることにたとえる。


出典古今集 恋一


「いつまでわが身したもえをせむ」


[訳] いつまで私の身は人知れずあなたに思いこがれることをするのだろう。








下燃えのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

下燃えのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




下燃えのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS