古語:

不便なりの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ふ-びん・なり 【不便なり】

形容動詞ナリ活用

活用{なら/なり・に/なり/なる/なれ/なれ}


不都合だ。具合が悪い。都合が悪い。


出典源氏物語 夕顔


「御供に人もさぶらはざりけり。ふびんなるわざかな」


[訳] お供に人もお仕えしていなかった。不都合なことだなあ。


かわいそうだ。気の毒だ。


出典平家物語 一・祇王


「たまたま思ひたって参りてさぶらふを、すげなう仰せられて帰させ給(たま)はんことこそふびんなれ」


[訳] ふと思い立って参りましたのに、冷淡におっしゃってお帰しになるのは大変かわいそうだ。


かわいい。いとしい。


出典宇津保物語 吹上・上


「いとふびんなる人柄」


[訳] (涼(すずし)は)とてもかわいい人柄で。


注意

「不便」ふべんと読みまちがえないこと。








不便なりのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

不便なりのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




不便なりのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS