古語:

事無しの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

こと-な・し 【事無し】

形容詞ク活用

活用{(く)・から/く・かり/し/き・かる/けれ/かれ}


平穏無事である。何事もない。


出典万葉集 四二五四


「手拱(たうだ)きてことなき御代(みよ)と」


[訳] 手をこまねくままで平和な御代だと。


心配なことがない。


出典源氏物語 若菜上


「心苦しき御気色(けしき)の、下にはおのづから漏りつつ見ゆるを、ことなく消ち給(たま)へるも」


[訳] お気の毒なごようすが、隠しても自然に漏れ出て見えるのを、心配事がないように隠していらっしゃるのにつけても。


取り立ててすることがない。たいした用事もない。


出典源氏物語 若菜上


「おほやけ・わたくしにことなしや」


[訳] 朝廷にも個人としても何も用事はないよ。


たやすい。容易だ。


出典徒然草 一八九


「煩はしかりつる事はことなくて」


[訳] 面倒に思っていたことはたやすくて。


非難すべき点がない。欠点がない。


出典万葉集 二七五七


「ありつつ見れどことなき吾妹(わぎも)」


[訳] ずっと見ていても(何一つ)欠点のない妻よ。









事無しのページへのリンク
「事無し」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

事無しのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




事無しのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS