古語:

侘び人の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

わび-ひと 【侘び人】

名詞

つらい目にあって、悲嘆にくれている人。また、落ちぶれて逆境にある人。


出典古今集 哀傷


「藤衣(ふぢごろも)はつるる糸はわびひとの涙の玉の緒(を)とぞなりける」


[訳] (喪が終わり)喪服からほつれる糸は(父を亡くし)悲嘆にくれている人(=私)の涙の玉を貫き通すひもになっていたのだなあ。


貧しい人。困窮者。


出典今昔物語集 二八・一五


「わびひとの粮(かて)少し申さむがために参りたるなり」


[訳] 貧しい人の食料を少し分けていただきたいがために参上したのである。◆「わびびと」とも。








侘び人のページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

侘び人のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




侘び人のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS