古語:

僅かなりの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

はつ-か・なり 【僅かなり】

形容動詞ナリ活用

活用{なら/なり・に/なり/なる/なれ/なれ}


かすかだ。ほのかだ。


出典古今集 恋一


「春日野(かすがの)の雪間(ゆきま)を分けて生ひ出(い)でくる草のはつかに見えし君はも」


[訳] ⇒かすがののゆきまをわけて…。


ほんのわずかだ。ちょっとだ。


出典源氏物語 若菜下


「今宵(こよひ)の遊びは、長くはあらではつかなるほどにと思ひつるを」


[訳] 今晩の管弦の遊びは、長く続けないで、ほんのわずかな時間で(やめよう)と思っていたのに。


参考

類義語「わづかなり」は分量の少なさを意味し別語だが、中世から混同が生じ、「はつかなり」が消滅した。⇒わづかなり


参考



わずかなり 【僅かなり・纔かなり】

⇒わづかなり



わづか・なり 【僅かなり・纔かなり】

形容動詞ナリ活用

活用{なら/なり・に/なり/なる/なれ/なれ}


ほんの少しだ。少しばかりだ。非常に小さい。わずかだ。▽語幹の形で副詞的にも用いる。


出典源氏物語 夕霧


「わづかなる下人(しもびと)をも言ひ調(ととの)へ」


[訳] 少しばかりの従者にも指図して統率し。


出典竹取物語 かぐや姫の昇天


「わづか嘗(な)め給(たま)ひて」


[訳] (不死の薬を)少しばかりおなめになって。


〔「わづかに」の形で副詞的に用いて〕やっと。かろうじて。


出典方丈記 


「古(いにし)へ見し人は、二、三十人が中にわづかに一人二人なり」


[訳] 昔会った人は、二、三十人の内、かろうじて一人か二人である。


貧弱だ。取るに足りない。たいしたことがない。


出典日本永代蔵 浮世・西鶴


「わづかなる商人(あきんど)なるが、次第に家栄えける」


[訳] (初めは)取るに足りない商人であるが、しだいに家は栄えた。


参考

「わづかなり」と「はつかなり」の違い「わづかなり」は本来、数量が極めて少ないさまや、かろうじて存在するさまを表す。それに対して、「はつかなり」は、ほんのちらりと見えたり現れたりするさまや、時間的にほんのわずかなさまを表す。(例「臥し待ちの月はつかにさし出でたる」竹取物語)








僅かなりのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

僅かなりのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




僅かなりのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS