古語:

傾くの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

かたぶ・く 【傾く】

[一]自動詞カ行四段活用

活用{か/き/く/く/け/け}


かたむく。


出典枕草子 草は


「唐葵(からあふひ)、日の影にしたがひてかたぶくこそ」


[訳] からあおいは、太陽の光の移動に従って傾くというのが。


(太陽や月が)沈みかける。


出典伊勢物語 四


「あばらなる板敷きに月のかたぶくまで伏せりて」


[訳] (戸障子もなく)すき間の多い板張りの部屋に、月が沈みかけるまで伏せって。


衰える。滅びる。


出典大鏡 後一条


「臣下のあまたしてかたぶけ奉る時はかたぶき給(たま)ふものなり」


[訳] 臣下が大勢で衰えさせ申し上げるときは、滅びなさるものである。


首をかしげる。不審に思う。


出典源氏物語 桐壺


「相人(さうにん)驚きて、あまたたびかたぶきあやしぶ」


[訳] 人相見は驚いて、何度も首をかしげ不思議がる。


[二]他動詞カ行下二段活用

活用{け/け/く/くる/くれ/けよ}


かたむける。


出典平家物語 一一・能登殿最期


「甲(かぶと)の錣(しころ)をかたぶけ、太刀を抜いて、一面にうってかかる」


[訳] 甲の錣をかたむけ、太刀を抜いて一斉に討ってかかる。


滅ぼす。くつがえす。


出典栄花物語 月の宴


「帝(みかど)をかたぶけ奉らんと構ふる罪によりて」


[訳] 帝を滅ぼし申し上げようと計画した罪によって。


非難する。


出典源氏物語 少女


「あまり引きたがへたる御事なりと、かたぶけ侍(はべ)るめるを」


[訳] (右大将も)あまりにも一般の慣習と違った(源氏の)なされ方であると非難しているようですから。



かぶ・く 【傾く】

自動詞カ行四段活用

活用{か/き/く/く/け/け}


かたむく。


出典行宗卿集 


「雨降れば門田の稲ぞしどろなる心のままにかぶき渡りて」


[訳] 雨が降ったので門前の田の稲が乱れている。思い思いに一面にかたむいて。


異様で派手な身なりや振る舞いをする。


出典猫のさうし 御伽


「かぶきたる形(なり)ばかりを好み」


[訳] 異様で派手なふうにした身なりばかりを好み。









傾くのページへのリンク
「傾く」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

傾くのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




傾くのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS