古語:

前方なりの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

まへ-かた・なり 【前方なり】

形容動詞ナリ活用

活用{なら/なり・に/なり/なる/なれ/なれ}


時代遅れだ。古風だ。古くさい。


出典西鶴置土産 浮世・西鶴


「そんなまへかたなる仕掛け、四も五も食はぬ事」


[訳] そんな古風な仕掛け、絶対にひっかからない。


実直だ。控え目だ。


出典傾城禁短気 浮世


「調子に乗りても、ものはまへかたに言ふべし」


[訳] 調子にのっても、ものごとは控え目に言うべきだ。


未熟だ。うぶだ。








前方なりのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

前方なりのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




前方なりのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS