古語:

前方の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

まへ-かた 【前方】

[一]名詞

先にする組。


出典栄花物語 歌合


「三月には、また賭弓(のりゆみ)あれば、まへかた・後ろ方と、ことども分きて」


[訳] 三月には、再び賭弓があるので、先にする組と、後でする組とをそれぞれ分けて。


[二]名詞副詞

以前。昔。


出典比丘貞 狂言


「まへかた拝見致いた事が御座る」


[訳] (あなたの舞いを)以前拝見致したことがございます。


事前に。前もって。あらかじめ。▽「まへかたに」の形で用いる。


出典冥途飛脚 浄瑠・近松


「なぜまへかたに内証で、…かうした訳の金がいると」


[訳] なぜ前もって内証で、…こうした訳のお金が必要だと。









前方のページへのリンク
「前方」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

前方のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




前方のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS