古語:

呪ふの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

のろ・ふ 【呪ふ】

他動詞ハ行四段活用

活用{は/ひ/ふ/ふ/へ/へ}


恨みのある人に災いがふりかかるように神に祈る。のろう。


出典枕草子 正月一日は


「泣き腹立ちつつ、人をのろひ」


[訳] 泣いて腹を立てながら、人をのろい。◆動詞「の(告)る」の未然形に反復継続の助動詞「ふ」の付いた「のらふ」の変化した語。



まじ-な・ふ 【呪ふ】

他動詞ハ行四段活用

活用{は/ひ/ふ/ふ/へ/へ}


災いが起きるように、神霊などに祈る。のろう。


出典日本書紀 用明


「太子(ひつぎのみこ)、彦人皇子(ひこひとのみこ)の像(みかた)と竹田皇子(たけだのみこ)の像とを作りてまじなふ」


[訳] 太子は、彦人皇子の人形(ひとがた)と竹田皇子の人形とを作って、(その死を願い)のろった。


病気や災いを除くため、神霊などに祈ったり呪文(じゆもん)を唱えたりする。まじなう。


出典源氏物語 若紫


「世に起こりて、人々まじなひ煩ひしを」


[訳] (病気が)世間に流行して、行者たちがまじなっても(効きめがなく)てこずっていたが。


(呪術(じゆじゆつ)で病気を)治療する。


出典落窪物語 二


「…御胸まじなへと、上の預け奉り給(たま)ひつるなり」


[訳] …お胸を治療なさいと、北の方が私にお預け申したのだ。








呪ふのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

呪ふのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




呪ふのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS