古語:

大殿油参るの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > 大殿油参るの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

おほとなぶら-まゐ・る 【大殿油参る】

分類連語


御殿の灯火をおつけになる。▽「まゐる」はこの場合、尊敬語。


出典枕草子 清涼殿の丑寅のすみの


「おほとなぶらまゐりて、夜ふくるまで読ませ給(たま)ひける」


[訳] 御殿の灯火をおつけになって、夜のふけるまでお読みになったということだ。








大殿油参るのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

大殿油参るのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




大殿油参るのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS