古語:

大臣の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

おほい-まうちぎみ 【大臣】

名詞

「だいじん(大臣)」に同じ。



おほ-まへつきみ 【大臣】

名詞

大臣(だいじん)。太政(だいじよう)・左・右・内の各大臣。



だい-じん 【大臣】

名詞

「太政官(だいじやうくわん)」の上官。太政大臣・左大臣・右大臣・内大臣など。「おほいまうちぎみ」とも。



だい-じん 【大尽・大臣】

名詞

大金持ちの人。財産家。


遊里で豪遊する金持ち客。


出典冥途飛脚 浄瑠・近松


「娘を京の島原へ売り、だいじんに請(う)け出され」


[訳] 娘を京都の島原遊郭へ売り、金持ち客に身請(う)けされ。◆近世語。



おとど 【大殿・大臣】

名詞

御殿。▽身分の高い人のすまい、またはその中の部屋の尊敬語。


出典源氏物語 若紫


「おとどの造りざま、しつらひざま、更にもいはず」


[訳] 御殿の造り具合や、飾り付けのようすなどは言うまでもなく(すばらしく)。


大臣・公卿(くぎよう)の尊敬語。


出典大鏡 時平


「このおとど、子どもあまたおはせしに」


[訳] この大臣(=菅原道真(すがわらのみちざね))には、子供がたくさんいらっしゃったが。


女主人の尊敬語。


出典源氏物語 野分


「北のおとどのおぼえを思ふに」


[訳] 北の御殿の御方の評判を思うと。


女房・乳母などの尊敬語。


出典源氏物語 玉鬘


「おとど、おびえて色もなくなりぬ」


[訳] 乳母殿は、おびえて顔色もなくなった。









大臣のページへのリンク
「大臣」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

大臣のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




大臣のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS