古語:

天明俳諧の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

天明俳諧

分類文芸


江戸時代中期の安永から天明(一七七二~一七八九)にかけて、芭蕉(ばしよう)没後の俳諧の堕落を反省し、蕉風への復帰を目標にして興った俳諧。与謝蕪村(よさぶそん)を中心に、炭太祇(たんたいぎ)・加藤暁台(きようたい)・三浦樗良(ちよら)・大島蓼太(りようた)らが代表俳人である。かれらの作風を「天明調」というが、芭蕉のレベルには及ばなかった。








天明俳諧のページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

天明俳諧のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




天明俳諧のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS