古語:

天気の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

てん-き 【天気】

名詞

空模様。


天皇のお気持ち。


出典平家物語 六・紅葉


「てんきことに御心よげにうち笑(ゑ)ませ給(たま)ひて」


[訳] 天皇のお気持ちが特によいようで、お笑いになられて。◆「てんけ」とも。は「天機」とも書く。



てい-け 【天気】

名詞

空模様。天候。てんき。◆「天気」の呉音「てんけ」の「ん」を「い」で表記したもの。⇒てけ(天気)



て-け 【天気】

名詞

天候。空模様。てんき。


出典土佐日記 一・九


「てけのこと、楫(かぢ)取りの心に任せつ」


[訳] 天候のことは、船頭の心に任せている。◆「天気」の呉音「てんけ」の撥音(はつおん)の無表記。⇒ていけ(天気)



てん-け 【天気】

名詞

「てんき」に同じ。









天気のページへのリンク
「天気」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

天気のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




天気のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS