古語:

奇怪なりの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

き-くゎい・なり 【奇怪なり】

形容動詞ナリ活用

活用{なら/なり・に/なり/なる/なれ/なれ}


怪しく、不思議だ。


出典今鏡 藤波下


「まことにきくゎいなり」


[訳] まったく不思議である。


けしからぬことだ。ふとどきだ。


出典徒然草 二三六


「さがなきわらはべどもの仕まつりける、きくゎいに候ふことなり」


[訳] いたずら好きな子供たちがいたしましたことで、けしからんことでございます。◆「きっくわいなり」とも。



きっ-くゎい・なり 【奇怪なり】

形容動詞ナリ活用

活用{なら/なり・に/なり/なる/なれ/なれ}


「きくゎいなり」に同じ。


「きくゎいなり」に同じ。


出典平家物語 四・信連


「馬に乗りながら門のうちへ参るだにもきっくゎいなるに」


[訳] 馬に乗ったままで門の内に参上するのさえけしからぬことであるのに。◆「きくゎいなり」を促音便にして強調した語。








奇怪なりのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

奇怪なりのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




奇怪なりのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS