古語:

奥床しの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

おく-ゆか・し 【奥床し】

形容詞シク活用

活用{(しく)・しから/しく・しかり/し/しき・しかる/しけれ/しかれ}


もっとよく知りたい、見たい、聞きたい。


出典大鏡 序


「いつしか聞かまほしく、おくゆかしき心地するに」


[訳] 早く聞きたく、もっとよく知りたい気がするときに。


洗練されていて上品だ。深い心遣いが感じられて心引かれる。


出典源氏物語 賢木


「なかなかなまめかしうおくゆかしう思ひやられ給(たま)ふ」


[訳] かえって優美で洗練されていて上品に自然と推察されなさるのである。◇「おくゆかしう」はウ音便。


参考

「ゆかし」が、知りたい・見たい・聞きたいの意味を持つところから、の意味が導かれる。








奥床しのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

奥床しのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




奥床しのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2017 Printed in Japan

©2017 Weblio RSS