古語:

宮仕ふの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

みや-づか・ふ 【宮仕ふ】

[一]自動詞ハ行下二段活用

活用{へ/へ/ふ/ふる/ふれ/へよ}


宮殿の造営に奉仕する。


出典万葉集 一〇三五


「古(いにし)へゆみやづかへけむ多芸(たぎ)の野の上(へ)に」


[訳] 昔から宮殿の造営に奉仕したのであろう、多芸の野の上に。


宮中や貴人に奉公する。


出典愚管抄 四


「知足院殿はことにみやづかへて取り入らせ給(たま)ひければ」


[訳] 知足院殿はことさら奉公して、お取り入りになったので。


[二]自動詞ハ行四段活用

活用{は/ひ/ふ/ふ/へ/へ}


[一]に同じ。


出典平家物語 八・山門御幸


「建礼門院のいまだ中宮にてましましける時、その御方(おかた)にみやづかひ給ひしを」


[訳] 建礼門院がまだ中宮でいらっしゃったとき、そのお方に仕えておられたのを。


[三]他動詞ハ行四段活用

活用{は/ひ/ふ/ふ/へ/へ}


奉公させて召し使う。


出典古今著聞集 五五一


「さて、みやづかふに、かひがひしくまめにて」


[訳] そうして、奉公させ召し使うと、しっかりとよく働いて。








宮仕ふのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

宮仕ふのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




宮仕ふのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS