古語:

宮仕への意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

みや-づかへ 【宮仕へ】

名詞

宮中に仕えること。


出典源氏物語 帚木


「みやづかへに出(い)で立ちて、思ひかけぬ幸ひ取り出(い)づるためしども多かるかし」


[訳] 宮仕えに出て、意外な幸運を引き当てる例も多いよ。


貴人に仕えること。


出典大和物語 一四八


「このみやづかへする所の北の方亡(う)せ給(たま)うて」


[訳] このお仕えをしているところの奥方がお亡くなりになって。


主人に仕えて世話をすること。


出典徒然草 一三七


「若く末々(すゑずゑ)なるはみやづかへに立ち居(ゐ)」


[訳] 若く身分の低い者は、主人の世話に立ったり座ったりして(忙しく)。









宮仕へのページへのリンク
「宮仕へ」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

宮仕へのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




宮仕へのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS