古語:

小判の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

こ-ばん 【小判】

名詞

天正(一五七三~九二)のころから江戸時代に用いられた金貨。楕円(だえん)形で、一枚が一両に当たる。[反対語] 大判(おほばん)。


参考

鋳造所・流通した時代などにより、慶長小判・元禄(げんろく)小判など数種がある。大判が主に儀礼的な贈答用に使われたため、実質的に流通した金貨としては小判が最も高額のものである。









小判のページへのリンク
「小判」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

小判のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




小判のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS