古語:

小林一茶の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

小林一茶

分類人名


(一七六三~一八二七)江戸時代後期の俳人。信濃(しなの)(長野県)の人。名は弥太郎(やたろう)。江戸に出て二六庵竹阿(にろくあんちくあ)に俳諧(はいかい)を学んだ。晩年は郷里に帰ったが、不幸の日が多かった。その句は自由に俗語を用いて、温かい人間味を盛ったものが多い。句文集『おらが春』がある。









小林一茶のページへのリンク
「小林一茶」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

小林一茶のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




小林一茶のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS