古語:

居りの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

を・り 【居り】

[一]自動詞ラ行変格活用

{語幹〈を〉}


座っている。腰をおろしている。


出典万葉集 九〇四


「立てれどもをれどもともに戯(たはぶ)れ」


[訳] (わが子は)立っていても座っていても(親と)一緒に遊び興じ。


いる。存在する。


出典万葉集 三三八〇


「埼玉(さきたま)の津(つ)にをる舟の」


[訳] 埼玉の船着き場にある舟が。


[二]補助動詞ラ行変格活用

活用{ら/り/り/る/れ/れ}


〔動詞の連用形に付いて〕…し続ける。…している。


出典伊勢物語 四五


「つれづれとこもりをりけり」


[訳] (喪中のため)しみじみとものさびしく引きこもっていた。



おり 【折り・居り】

⇒をり









居りのページへのリンク
「居り」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

居りのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




居りのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS