古語:

巷の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ち-また 【巷・岐・衢】

名詞

道の分岐点。分かれ道。辻(つじ)。


出典徒然草 二六


「路(みち)のちまたの分かれん事を嘆く人もありけんかし」


[訳] 道の分岐点が分かれることを嘆く人もいたそうだよ。


町中の道。街路。


出典今昔物語集 七・四二


「門の内の南北に大きなる一のちまたあり」


[訳] 門の内の南北の方向に大きな一つの街路がある。


所。場所。


出典太平記 七


「冥途(めいど)までも同じちまたに伴ふべし」


[訳] あの世までも同じ所へ連れて行こう。◆「道股(ちまた)」の意。









巷のページへのリンク
「巷」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

巷のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




巷のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS