古語:

帰らふの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

かへら-・ふ 【帰らふ・還らふ・反らふ】

分類連語


次々と(度々(たびたび))かえる。


出典万葉集 一一七七


「い往ゆきかへらひ見れど飽かぬかも」


[訳] 度々往っては還って見るけれど飽きないなあ。


繰り返す。


出典万葉集 三七九一


「己(おの)が顔かへらひ見つつ」


[訳] 自分の顔を繰り返し何度も見て。


しきりに…する。


出典万葉集 二〇九二


「秋風の吹きかへらへば」


[訳] 秋風がしきりに吹くので。◇動詞の下に付く。


なりたち

動詞「かへる」の未然形+反復継続の助動詞「ふ」








帰らふのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

帰らふのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




帰らふのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS