古語:

平にの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ひら-に 【平に】

副詞

平穏に。無事に。やすやすと。


出典源平盛衰記 三五


「直実(なほざね)だにもひらに渡り着く事難かるべし」


[訳] 直実でさえも無事に(宇治川を)渡り(対岸に)着くことはむずかしいだろう。


ひたすら。しきりに。


出典平家物語 一・鹿谷


「新大納言成親(なりちか)の卿(きやう)もひらに申されけり」


[訳] 新大納言成親卿も(欠員の左大将の職を)ひたすら(ご所望)申し上げなさった。


ぜひとも。なにとぞ。


出典松風 謡曲


「ひらに一夜を明かさせて」


[訳] なにとぞ一夜を過ごさせて。








平にのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

平にのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




平にのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS